膝の痛みを感じたら注意を

trouble

運動した後に膝の痛みや腫れなどの症状が見られる骨肉腫は、筋肉痛や捻挫の症状と似ていることから誤診も多い病気です。その進行速度はとても早いため、以上を感じたらすぐに精密検査を受ける必要があります。骨肉腫は予防することが難しく、治療するには出来るだけ早期に発見することが大切となります。

骨折しやすくなる病気

healthy women

骨粗鬆症は骨折しやすくなる骨の病気です。初期症状を自覚する人は少なく、悪化すると骨折によって寝たきりになってしまう恐れのある怖い病気です。高齢化とともに骨粗鬆症の人は増加しており、最近は生活習慣によって若者も骨粗鬆症が増えています。少しでも異常を感じたら病院へ行き、早めに治療することが望ましいです。

痛みが継続したら即相談

doctor

年を重ねると、体が弱くなってしまいます。免疫の低下によって様々な疾病にかかるリスクも生じてしまいます。もしくは、骨の強度も弱くなってしまい転倒しただけで骨折してしまう可能性があります。年を重ねた状態で一番気をつけていきたいのは、圧迫骨折です。どのような症状かというと、骨粗鬆症によって弱くなってしまった骨が、体の重さを支えきれなくなり、骨折してしまう症状のことをさします。特に、頚椎や腰椎といった背骨関連の圧迫骨折症状が多いのが特徴です。背骨などの圧迫骨折は恐ろしいものでしょう。なぜなら、背骨には、手足を動かす神経などが通っているからです。圧迫骨折を引き起こしてしまったら、最悪の場合手足が不随になってしまう危険性があるのです。専門の医療機関では、圧迫骨折の治療を行っているところがあります。もし、発症してしまったら専門の医療機関を利用しましょう。

骨肉腫は、体の骨に生じる病気です。某有名漫画にでてくる登場人物でも骨肉腫にかかったときのエピソードが描かれています。そのため、骨肉腫の名前を認知している人も中にはいるでしょう。平たく言えば、骨ががん細胞に侵される症状となっています。発症要因はまだ発見されていませんが、自覚症状としては体の一部分が継続的に激痛が生じるようになったら要注意です。早めに医療機関に診察してもらうのが最適です。最悪の場合死亡してしまう危険性が高いからです。骨肉腫になってしまったら、患部を切断するといった治療法を取っているところがほとんどです。また、切断をしたとしても油断出来ません。転移している可能性があるので、定期的に通院して経過観察を受けて予防しましょう。

手足のしびれや痛みに注意

nurse

後縦靱帯骨化症は、頸椎をつないでいる後縦靱帯が何らかの原因で肥大・硬化し、骨のようになってしまう病気です。40代から50代くらいの男性に多いとされており、遺伝のほかに糖尿病・肥満などが原因と考えられています。症状の進み方には個人差がありますが、手術をすれば症状の進行を食い止めることができます。